yellowyellowkunのブログ

気ままにサッカー分析していきたいと思います

マンチェスターユナイテッド対トッテナム

久しぶりの更新です(笑)

今回からはもっと気軽にブログを書いていきたいと思います。

 

そんな中、今回取り上げる試合は

マンチェスターユナイテッドトッテナム

です。

 

両チームのスタメンはこちら!

 

f:id:yellowyellowkun:20180903133601j:plain

ユナイテッドのフォーメーションの補足としては3-5-2からリンガードが下がる3-5-1-1に状況によって変更していた。

 

トッテナムのフォーメーションの補足として、エリクソンとアリは状況によってポジションチェンジを行っていた。

 

ユナイテッドのトッテナム対策

 

ユナイテッドは3-5-2を起用してきた。それは、CBの能力(特に足元)に不安があるから等の理由が挙げられると思う。

そんな3-5-2だが、トッテナムのビルドアップに対して、とても効果的だった。

まず、ルカクとリンガードがトッテナムのCBにプレスを掛ける。リンガードは、ボランチへのパスコースを切る動きも状況にあわせて行っていた。そして、トリッピアーとローズにはショーとバレンシアがプレスを掛ける。

f:id:yellowyellowkun:20180903133738j:plain

もし、トッテナムがプレスを嫌がり、ロングボールを蹴っても、後ろは3枚のDFで数的優位を保っているので簡単にボールを回収する事が出来る。

f:id:yellowyellowkun:20180903133753j:plain

この時ケイン等のFWが中盤に降りてきても、DFが付いていくのでトッテナムのビルドアップをほぼ完全に封鎖できていた。

また、トッテナムが前プレをしてきたらルカク目掛けてロングボールを蹴るということを行っていた。

 

トッテナムの解答

 

そんなユナイテッドの前プレには大きな欠点があった。それは、WB裏のスペースが大きく空いてしまうことである。そこをモウリーニョも分かっていて、WBがプレスに行ったらポグバもしくはフレッジがWB裏のスペースを埋めていた事でトッテナムの攻撃も最初は防がれていた。

しかし、ポグバとフレッジの守備意識が高くないこと、そして、ポグバもしくはフレッジがWB裏のスペースを埋めると、中盤の人数が少なくなりカバーする範囲が広くなることによる体力の低下によって、徐々にWB裏のスペースを有効活用出来るようになった。

1点目につながるCKを獲得した時も2点目もWB裏のスペースを活用している。更に、ポグバとフレッジの守備意識の低さとユナイテッドのCBの高さを考慮して、どちらもマイナスのクロスを利用している。

f:id:yellowyellowkun:20180903133821j:plain

 

まとめ

 

モウリーニョとしては作成通りに試合を進めることが出来たと思う。実際、シュート数などの統計を見てもユナイテッドが上回っている。しかし、CBの個人能力であったり、MFの守備意識などが作用して結果的には完敗してしまった。モウリーニョの3年目は、ことごとく歯車が上手く噛み合わないのかもしれないと考えさせられる試合となった。

一方のトッテナムは相手の欠点を利用して効率的に得点を重ねられた試合となった。今夏補強ゼロの中で高い完成度を敵地でも披露する事が出来たのは、これからにとっても好材料となった。CLのGLでは厳しい組に入ったが、決して悲観的になるようなチームではないと思わせる一戦となった。

 

 

 

 

 

リバプール対マンチェスターシティ

アンフィールドにおけるリバプールは無敵。そんな説を持っているリバプール。対するは依然リーグ独走中のマンチェスターシティ。そんな試合の注目のスタメンはこちら!

 

f:id:yellowyellowkun:20180120194407j:plain

ホームのリバプールはGKにミニョレではなくカリウスを起用。更にコウチーニョが移籍したのでチェンバレンを起用。注目のファンダイクは怪我で欠場です。

 

アウェイのシティはシルバの代わりにギュンドアンを起用した以外はベストメンバーで挑んできました。

 

リバプールのシティ対策

 

シティのSBは基本的にはオーバーラップ・アンダーラップ共にあまり行いません。今回リバプールはそれを分かった上で打ち破る方法を行いました。

 

まず、ウォーカーに対してマネ、デルフ(途中からダニーロ)に対してサラーという風にシティのSBに対して質的優位を持つWGでピン止めをします。これによりシティのSBにアラバロールつまり偽SBをさせません。これを行うことでフェルナンジーニョボランチ脇にスペースが出来ます。このスペースはいつも偽SBによりウォーカー・デルフが埋めているのですがマネ・サラーにピン止めされているので埋めることができません。

 Step1

f:id:yellowyellowkun:20180120194442j:plain

次にこの空いたスペースにチェンバレンとワイナルドゥムが進行してフェルナンジーニョを対応が難しい局面に移動させます。この局面で明らかになったのがギュンドアンの守備意識の低さです。ギュンドアンは守備時のポジショニングがかなり悪いのです。なのでシルバがいればとシティファンの人は思ったかも知れません。実際シルバがいれば攻撃時・守備時のクオリティは上がったでしょう。

 Step2

f:id:yellowyellowkun:20180120194512j:plain

最後にストーンズオタメンディのCBコンビに絶対に当たり負けしないCF(リバプールで言うとフィルミーノ)を起用しました。今回の試合はフェルナンジーニョボランチ脇のスペースをオタメンディが前に出て潰していたのでストーンズに対してフィルミーノが質的優位を持ったことでリバプールはやり易くなりました。

 Step3

f:id:yellowyellowkun:20180120194556j:plain

これらの事を高いインテンシティでほぼ完璧に行ったことで1点目、2点目、4点目は生まれています。

 

リバプールの守備時フォーメーション

 

リバプールはこの試合いくつかのフォーメーションを特に守備時に使い分けました。使い分けとしてはシティに対してハイプレスを行うときは4-3-3もしくは4-2-3-1でシティのフォーメーションと噛み合うようにしました。この時チャンがフェルナンジーニョに対してプレスを行っていました。逆にハイプレスを行わないときは4-5-1を使用しました。

 

4-3-3と4-2-3-1と4-5-1というのは基本的には同じフォーメーションです。なのでプレッシングの強度やシティの攻撃の仕方で変えていただけで可変式のように使い分けていたわけではありませんでした。

 

ハイプレスに関して言うと基本的には体力面から考えて前後半15〜20分ほどしか出来ないのですが、この試合のリバプールは4-3-3もしくは4-2-3-1を基本的に使い90分近くハイプレスを行いました。4-5-1を使ったシーンは前後半それぞれ合わせても15分にも満たないほどでした。なので後でも書きますがこのやり方はなかなか出来ません。そしてこのやり方をシーズン通してやることも不可能です。

 

今後のシティ

 

今回のリバプールとの戦いにおいてシティに対してどういったことを行うべきなのかというやり方は明らかになりました。そのやり方は90分近くハイプレスを行うこと。そしてシティのSBに対して質的優位を保てるWGが2人とシティのCBに質的優位を持っているCFが最低限必要です。もっと言えばシティの3人のMFに負けないフィジカルのある3人のMFも必要です。

 

ですがこのやり方が出来るのは国内だけを見ればリバプールだけです。ユナイテッドはこのやり方の出来る質を持ったWGが2人足りず、チェルシーはフォーメーションが3-5-2なのでフォーメーション上WGがいない。そもそもこの2つのチームは前プレを積極的には行いません。また前プレを行うトッテナムアーセナルでもこのやり方が出来る質を持ったWGが2人足りません。なのでプレミア内のチームは別の方法を考えないといけません。

 

ですが、欧州全体を見ると主にPSGとバイエルンはこのリバプールが行ったやり方が出来るのでシティがこれからどういった対策をするのか楽しみです。実は今シーズンのシティはSBをピン止め出来るWGのいるチームとの試合はリバプール以外行っていないんですよね…(笑)

 

まとめ

 

クロップのゲーゲンプレスサッカーは実はペップのサッカーとは相性がよく、その証拠にペップに対して勝ち越しています。なのでリバプールの注目点は相手が引いてスペースを消してきたときに如何に崩すことが出来るのかということです。また、この試合のような高テンションサッカーは何試合も続けることは不可能なのでそこをどうしてくるのかも注目です。

 

一方のシティはペップのチームのいつもの弱点である極端なハイプレスに弱いという所が露になりました。まあ、今回はシルバの不在というのも大きく響きましたが…(笑)。幸い前述のように国内でそれが出来るのはリバプールのみ+リーグは2位との差で余裕があるのでCLに対してどういう対策をペップが練るのか見物です。

 

 

 

 

レアルマドリー対バルセロナ

サッカーファンなら誰もが注目する試合、それがエル・クラシコ。そんなエル・クラシコを今回は分析していきたいと思います。今回のクラシコはレアルのホーム、サンチャゴ・ベルナベウでの開催。レアルはポイント差があることに加えホームでバルセロナに負けるわけにはいきません。

 

そんなクラシコのスタメンがこちら!

 

f:id:yellowyellowkun:20171226133227j:plain

ホームのレアルは予想されたイスコではなくコヴァチッチを起用してきました。これはメッシ対策かなぁと思ったり(笑)。後のメンバーはいつも通りのスタメンになりました。

 

一方のアウェイのバルセロナはサプライズらしいサプライズはなく唯一言えるとすれば怪我のウムティティに代わってヴェルマーレンを起用してきました。

 

レアルのバルセロナ対策

 

[ビルドアップ編]

 

レアルのバルセロナ対策をまずはビルドアップの面から見ていきたいと思います。レアルはバルサがGKからのビルドアップをする時のみオールコートマンツーマンで対応しました。

これはモウリーニョがシティに対して行った進化型マンツーマンとは異なりはっきりと対象の選手にマンツーマンしてきました。

 

f:id:yellowyellowkun:20171226133244j:plain

ただしGKからのビルドアップが終わった後は基本はマンツーマンだけど状況に応じて柔軟にバルサに対応していくということを行いました。それの最たる例が次に挙げるものです。

 

[メッシ編]

 

バルセロナで一番の脅威を持っている選手は何と言ってもメッシです。そのメッシに対してはコヴァチッチがマークに付きました。ですがマンツーマンではなくメッシのいる位置に応じてその時だけマンツーマンをするという事を行いました。

メッシが最終ライン近くの時はマンツーマンを行わず逆にメッシが中盤もしくは前線にいる時(いつもではないが)はマンツーマンを行いました。そうすると中盤で数的不利になりますがメッシを止めることを最優先したのでしょう。

f:id:yellowyellowkun:20171226133329j:plain

まとめるとコヴァチッチはこの試合メッシとGKからのビルドアップの時にはブスケツにマークに付くというダブルマンツーマンを行いました。自分的にはコヴァチッチのタスクがかなり重いなと感じました。

結果的にレアルの1失点目のシーンでコヴァチッチは隣にいたメッシに付こうか、ドリブルしてるラキティッチにプレスにいくかを迷ってしまいスアレスにゴールを許す原因の1つにもなってしまいました。(カルバハルが戻りきれてない所も原因の1つだが)。

 

バルセロナの守備

 

バルセロナは守備時はパウリーニョが右サイドに下がる4-4-2で守っていました。守備時はということは攻撃時は違うの?と思う人がいると思います。その通りで攻撃時は4-3-1-2でした。ただこの攻撃時に関しては後で説明します。

バルセロナの4-4-2はブロックを敷くときと前プレを行うときの2パターンありました。違いはFWの位置にいる選手が前からプレスをするかどうかでした。前プレをすれば後ろの選手も後ろから連動して前プレを仕掛けます。逆にFWの位置にいる選手が前プレをしなければブロックを敷いて守ります。

ただこの守備で起こった問題があります。それは攻撃時に4-3-1-2になるのでパウリーニョが内側に絞りボールを取ろうとして取れない時とバルセロナがボールを失った直後に第2ラインが3人になりパウリーニョが空けたスペースをレアルの左サイドの選手(マルセロ、クロース、Cロナウド)に積極的に使われるという問題です。これに気付いたSロベルトが中盤のスペースを埋めるのですが、そうすると最終ラインにスペースが空くという悪循環…。

f:id:yellowyellowkun:20171226133414j:plain

これによりレアルはチャンスを多く作っていくようになりました。結局調子の悪いCロナウドを中心にチャンスを決めきれなかったので点数は入りませんでしたが…

 

バルセロナの攻撃

 

今度はバルセロナの4-3-1-2の攻撃を説明していきます。バルセロナの攻撃の中心はもちろんメッシですが攻撃のアクセントとしてパウリーニョが機能していました。パウリーニョは2列目からの飛び出し(主にSB裏への)をイニエスタラキティッチが余りやらないので多く行いました。多かったのがSロベルトやメッシがマルセロを引き付け空いたスペースに飛び込むという形です。なので飛び込む素振りを見せたままFWの位置に留まることもありました。

f:id:yellowyellowkun:20171226133439j:plain

総合的に見るとパウリーニョは攻撃時はバルセロナにとってのアクセントになり守備時は穴になっていました。

 

まとめ

 

 この試合でレアルは特に前半多くのチャンスを作りました。なのでバルセロナ対策はうまくハマっていたと言えるでしょう。しかしCロナウドの調子がイマイチだったことと、1失点目にしろ2失点目につながるプレーにしろカルバハルが戻りきれずスアレスにスペースを使われていたのでレアルを総合的に評価すると作戦はうまくいったが選手のコンディションが上がっていなかったとまとめることができます。

一方のバルセロナは自分が以前見たときよりも固いなと感じました。4-4-2ブロックは昨年も行っていたのですがそれを担う選手がネイマールではなくパウリーニョになったのでIMFが多くなり固くなったのかなと思いました。全体的に今のバルセロナはスペイン的というよりかはイタリア的になったなと感じました。

 

話は変わりますがエル・クラシコの昼間開催は良くないなと思いました。アジア市場を考えてのことなんでしょうが選手達のテンション等を含めエル・クラシコらしくなく低いなと思いました。

なのでアジア市場も大事ですが試合の質を高めていってほしいなと願っています。

マンチェスターシティ対トッテナム

注目のスタメンはこちら!

 

f:id:yellowyellowkun:20171220233212j:plain

ホームのシティは"個人的な理由"によってベンチ外のシルバに代わりギュンドアンが起用。

 

アウェイのトッテナムは出場停止のサンチェス、怪我のアルデルヴァイレルトに代わりダイアー、ワニャマに代わりウィンクスが起用されました。

 

トッテナムのシティ対策

 

トッテナムは言わずと知れた前プレが得意なチームです。そんなトッテナムがシティに対してどんなプレスをかけてきたかというと…

 オタメンディにソンがマンガラにはケインがフェルナンジーニョにはアリが監視役として付き、デブライネとギュンドアンにはウィンクスとエリクセンが監視をしながらそのデブライネとギュンドアンIMF裏を狙うということをしてきました。これに加えてデンベレが中盤にいるので中盤で数的優位も保てます。そうするとサイドのレーンが1人だけになりシティのサイドのレーンに対して数的不利になりますがシティのSBがあまりオーバーラップやアンダーラップをしないのでデメリットが出ないと考えたのでしょう。

 

f:id:yellowyellowkun:20171220235204j:plain

ポチェッティーノの誤算

 

先ほどの策を実行した際にポチェッティーノが考えていなかった誤算が生じてしまいました。それは、トリッピアーがザネに質的優位を持たれたこと。そしてデルフがマンチェスターダービーの時とは違い偽SBをやり、なおかつウォーカーが最終ラインに落ち数的優位ではなくなったこと(このビルドアップについては次の項で詳しく説明します)。更にトッテナムの前プレをエデルソンが苦にせずSBなどにボールを配球出来たこと。これらの理由によりシティの攻撃を抑えられなかったのでポチェッティーノはフォーメーションを4-3-1-2から4-2-3-1に変更してまず、サイドのレーンの人数を増やし守備を整えようとしました。

 

f:id:yellowyellowkun:20171221172557j:plain

トッテナムに対するシティのビルドアップ

 

トッテナムは最初オタメンディにソン、マンガラにケイン、フェルナンジーニョにアリが付くことでビルドアップ隊にプレッシャーをかけました。もちろんサイドが空いているのでシティも最初はSBやWGを起点としたビルドアップを行います。このパターンは4-3-3の時に見られました。それに加えウォーカーを落とした3バックにデルフを偽SBとして上がらせたビルドアップ方法も行いました。これにより最終ラインは3対2の数的優位を持ち中盤でも4対4の数的同数にすることが出来ました。また、アグエロが積極的に中盤に降りてくるので数的優位になるシーンが増えます。更にデルフが中盤に入ってきたのでマークが曖昧になり数的同数でもデルフorギュンドアンorデブライネが位置的優位を持ちフリーになることが多くなり最終ラインからのビルドアップの安定に繋がったのです。

 

[4-3-3の時]

 

f:id:yellowyellowkun:20171220235107j:plain

[3-2-2-3の時]

 

f:id:yellowyellowkun:20171220235134j:plain

お互いのGKの差

 

この試合では前プレに対してのGKの対応力に大きな差が出ました。エデルソンはSBにミドルパス、CF・WGにロングパスを正確に出していたのに対してロリスはミドルパスもロングパスも正確に出せずかつショートパスを出してもヴェルトンゲンらがシティに前プレされパスミスするシーンが多発しました。このようにGKからのビルドアップの時点で大きな差が出ていたのです。そしてエデルソンだけに関して言うとエデルソンはトッテナムの前プレ破壊兵器と化していました。

 

これからシティと対戦するチームはエデルソンに対するプレスというものも考えていかないといけないでしょう。

 

アグエロとジェズスの交代の訳

 

後半が始まってしばらくしてシティはアグエロをジェズスに変えました。そしてその効果はすぐに表れました。まず攻撃面ではジェズスはアグエロよりもポストプレーが上手いので中盤に降りて数的優位を作ったりデンベレとウィンクスの間に位置取りなどをして位置的優位を得たりもしていました。そして何より大きいのが守備での貢献です。ジェズスがしっかりとプレスバックをしたことでデンベレやウィンクスがプレッシャーを感じるシーンが出てきました。プレスバックに関してはジェズスの方がアグエロよりも行っていました。このようにジェズスが前線からプレスやプレスバックをしてくれることでシティのIMFがCBにプレスをかけるリスクを背負えるのです。

 

デブライネとポジショナルプレー

 

この試合のMOTMは間違いなくデブライネです。そのデブライネは観客が想像しないような所にパスを出すことがあります。これはデブライネの広い視野と確かな技術に加えてペップが行っているポジショナルプレーが深く関係していると思われます。まずポジショナルプレーを端的に言うと"選手が適切な距離・位置にいる"というものです。なので選手たちはパスの出す先を見なくてもパスが出せるようになるのです。この試合ではザネがアイソレーションとなって、そこにデブライネがパスを出すシーンが多発していましたがそれもポジショナルプレーが根底にあることによって成功していたのです。

 

まとめ

 

この試合を見てシティの相手に対する対応力(特にビルドアップの場面)が高いシーンが多く見られました。この対応力の高さもまた現在のシティの強さを支えているものだと思われます。引いても崩され、前からいくと裏のスペースを使われたりカウンターをされたりととても恐ろしいチームにシティはなってきました。

一方のトッテナムは今回出ていない選手がいれば何か変わったかもしれません。ワニャマやアルデルヴァイレルトetc。ですがシティが1枚上手だったのも事実です。これでもう優勝はほぼ不可能になったのでこれからはCL権争いをどう戦っていくのかが大事になります。

 

 

 

 

 

 

 

マンチェスターユナイテッド対マンチェスターシティ

注目のマンチェスターダービーのスタメンはこちら!

f:id:yellowyellowkun:20171214231913j:plain

ホームのユナイテッドは予想された3バックではなく4バック。出場停止のポグバに代わりエレーラがスタメンです。

 

一方アウェイのシティはアグエロよりもオフザボールの動きが上手いジェズスがスタメン。そして出場が危ぶまれたコンパニとデルフもスタメンです。

 

ユナイテッドのシティ対策

 

予想通りと言えば失礼かもしれないけどユナイテッドは進化型マンツーマンで挑んできました。なのでデブライネが左HSに移動すればマティッチではなくエレーラが付き、シルバが右HSに移動すればエレーラではなくマティッチが付くことになります

f:id:yellowyellowkun:20171215005523j:plain

 

ただし、ペップはフェルナンジーニョを最終ラインに落とすいわゆるアンカー落ちをすることで3対2の数的優位を作りオタメンディが持ち上がっていくシーンを増やしていきます。すると中盤でも数的優位が出来ることになります。攻撃時のフォーメーションが433から一時的に3223になるということです。

 

[4-3-3の時]

 

f:id:yellowyellowkun:20171215005546j:plain

[3-2-2-3の時]

 

f:id:yellowyellowkun:20171215005606j:plain

これに加えてペップはもう1つの進化型マンツーマンへの対策を行います。

 

モウリーニョのシティ対策へのペップの対応

 

それは、スターリングに偽9番的な動きをさせることです。これにより中盤で4対3の数的優位が保たれます。するとマティッチ、エレーラ更にはロホとスモーリングも誰にマークを付けたらいいのか困惑するという効果が表れました。つまりモウリーニョの進化型マンツーマンを無力化することに成功したのです。

 

f:id:yellowyellowkun:20171215161034j:plain

また、中盤が数的不利なのでリンガードの守備タスクが増えフェルナンジーニョもしくは中盤の選手のうち最低1人がフリーになることになりました。これを抑えるためにはルカクフェルナンジーニョを見るという策がありますがモウリーニョはカウンターでの脅威を残すためにやりませんでした。結果的にはユナイテッドの守備ラインは乱され更に中盤でユナイテッドは数的不利になっているのでうまくカウンターに繋げられずという状態になってしまいました。

 

この状況を変えるためにユナイテッドは進化型マンツーマンをやめて対応するのですが効果的に機能したとはいえませんでした。

 

ユナイテッドの攻撃パターン

 

ルカク目掛けてロングボールを蹴ってその落としをマルシャルもしくはラッシュフォードが受けてカウンターというのが基本型です。ですが、この攻撃はあまりうまくいきませんでした。それはルカクに対してコンパニとオタメンディの2人が見ていたのでボールが収まらなかったこと。また、ウォーカーとデルフが偽SBをせず更にほとんどオーバーラップしなかったこと。それによりマルシャルとラッシュフォードはなかなかフリーでボールを受けれませんでした。そしてシティに守備ラインを崩されていたのでポジショニングが悪くセカンドボールが拾えないand良質のロングボールが蹴れなかったことの4点があげられます。

 

それでもロホがルカク目掛けて蹴ったロングフィードの処理をオタメンディが誤ってラッシュフォードがゴールを決めるのですが…(笑)

 

後半はイブラヒモビッチを入れてシティの最終ラインと4対4の数的同数にしてユナイテッドがパワープレーに出るも、ペップがそれに対する高さ対策でマンガラを入れていたこととユナイテッドの中盤が2人になった時にペップは抜かりなくピッチ上にMFを4人ないしは5人配置することで中盤での数的優位を作ったこと、そしてシティのIMF(特にデブライネ)がユナイテッドのCBにプレスをかけることによりユナイテッドの攻撃の機会を消してしまいました。

 

f:id:yellowyellowkun:20171215161107j:plain

※リンデロフとスモーリングの位置は逆でした🙇

ここまでユナイテッドの悪いところを述べてきましたがそれでも失点下したのはセットプレーからのみなんですよねぇ。

 

ユナイテッドのセットプレーでの謎

 

シティはセットプレーから2点取るのですがこのセットプレーで不思議に思ったのがなぜFWであるルカクが失点シーンではニアサイドではなくファーサイドorPAのなかで守っていたのかという所です。マンツーマンでついていたのですがFWは守備が上手くないので他の選手を当てるべきだったのではないかと思ってしまいます。

 

まとめ

 

シティが中盤と最終ラインで数的優位を保っていたのは事実ですがそこまでユナイテッドの守備が大崩しなかったのもまた事実です。これは、シティの選手の疲労から来るものなのかそれとも違う理由なのかはこれからも見ていきたいと思います。

 ユナイテッドはこれでシティとの勝ち点差が11に広がりなおかつ負け点が13ptになってしまったのでポグバが出場停止の間に勝ち点を落とさないことが大事になります。ポグバのいないユナイテッドも注目して見ていきたいと思います。

 

よろしくお願いします

はじめにこのブログを紹介していきたいなと思います。

このブログは自分がサッカーの試合をゆる~く分析していくブログにしていく予定です。

 

だから、気ままに書いていきたいと思います(笑)

 

なので注目試合全てを分析することはしないと思います(笑)申し訳ないです。

 

それでも出来るだけ多くの試合を分析出来たらなぁと思いながらやっていきたいと思います。

 

それではこれからよろしくお願いします🙇