yellowyellowkunのブログ

気ままにサッカー分析していきたいと思います

マンチェスターユナイテッド対マンチェスターシティ

注目のマンチェスターダービーのスタメンはこちら!

f:id:yellowyellowkun:20171214231913j:plain

ホームのユナイテッドは予想された3バックではなく4バック。出場停止のポグバに代わりエレーラがスタメンです。

 

一方アウェイのシティはアグエロよりもオフザボールの動きが上手いジェズスがスタメン。そして出場が危ぶまれたコンパニとデルフもスタメンです。

 

ユナイテッドのシティ対策

 

予想通りと言えば失礼かもしれないけどユナイテッドは進化型マンツーマンで挑んできました。なのでデブライネが左HSに移動すればマティッチではなくエレーラが付き、シルバが右HSに移動すればエレーラではなくマティッチが付くことになります

f:id:yellowyellowkun:20171215005523j:plain

 

ただし、ペップはフェルナンジーニョを最終ラインに落とすいわゆるアンカー落ちをすることで3対2の数的優位を作りオタメンディが持ち上がっていくシーンを増やしていきます。すると中盤でも数的優位が出来ることになります。攻撃時のフォーメーションが433から一時的に3223になるということです。

 

[4-3-3の時]

 

f:id:yellowyellowkun:20171215005546j:plain

[3-2-2-3の時]

 

f:id:yellowyellowkun:20171215005606j:plain

これに加えてペップはもう1つの進化型マンツーマンへの対策を行います。

 

モウリーニョのシティ対策へのペップの対応

 

それは、スターリングに偽9番的な動きをさせることです。これにより中盤で4対3の数的優位が保たれます。するとマティッチ、エレーラ更にはロホとスモーリングも誰にマークを付けたらいいのか困惑するという効果が表れました。つまりモウリーニョの進化型マンツーマンを無力化することに成功したのです。

 

f:id:yellowyellowkun:20171215161034j:plain

また、中盤が数的不利なのでリンガードの守備タスクが増えフェルナンジーニョもしくは中盤の選手のうち最低1人がフリーになることになりました。これを抑えるためにはルカクフェルナンジーニョを見るという策がありますがモウリーニョはカウンターでの脅威を残すためにやりませんでした。結果的にはユナイテッドの守備ラインは乱され更に中盤でユナイテッドは数的不利になっているのでうまくカウンターに繋げられずという状態になってしまいました。

 

この状況を変えるためにユナイテッドは進化型マンツーマンをやめて対応するのですが効果的に機能したとはいえませんでした。

 

ユナイテッドの攻撃パターン

 

ルカク目掛けてロングボールを蹴ってその落としをマルシャルもしくはラッシュフォードが受けてカウンターというのが基本型です。ですが、この攻撃はあまりうまくいきませんでした。それはルカクに対してコンパニとオタメンディの2人が見ていたのでボールが収まらなかったこと。また、ウォーカーとデルフが偽SBをせず更にほとんどオーバーラップしなかったこと。それによりマルシャルとラッシュフォードはなかなかフリーでボールを受けれませんでした。そしてシティに守備ラインを崩されていたのでポジショニングが悪くセカンドボールが拾えないand良質のロングボールが蹴れなかったことの4点があげられます。

 

それでもロホがルカク目掛けて蹴ったロングフィードの処理をオタメンディが誤ってラッシュフォードがゴールを決めるのですが…(笑)

 

後半はイブラヒモビッチを入れてシティの最終ラインと4対4の数的同数にしてユナイテッドがパワープレーに出るも、ペップがそれに対する高さ対策でマンガラを入れていたこととユナイテッドの中盤が2人になった時にペップは抜かりなくピッチ上にMFを4人ないしは5人配置することで中盤での数的優位を作ったこと、そしてシティのIMF(特にデブライネ)がユナイテッドのCBにプレスをかけることによりユナイテッドの攻撃の機会を消してしまいました。

 

f:id:yellowyellowkun:20171215161107j:plain

※リンデロフとスモーリングの位置は逆でした🙇

ここまでユナイテッドの悪いところを述べてきましたがそれでも失点下したのはセットプレーからのみなんですよねぇ。

 

ユナイテッドのセットプレーでの謎

 

シティはセットプレーから2点取るのですがこのセットプレーで不思議に思ったのがなぜFWであるルカクが失点シーンではニアサイドではなくファーサイドorPAのなかで守っていたのかという所です。マンツーマンでついていたのですがFWは守備が上手くないので他の選手を当てるべきだったのではないかと思ってしまいます。

 

まとめ

 

シティが中盤と最終ラインで数的優位を保っていたのは事実ですがそこまでユナイテッドの守備が大崩しなかったのもまた事実です。これは、シティの選手の疲労から来るものなのかそれとも違う理由なのかはこれからも見ていきたいと思います。

 ユナイテッドはこれでシティとの勝ち点差が11に広がりなおかつ負け点が13ptになってしまったのでポグバが出場停止の間に勝ち点を落とさないことが大事になります。ポグバのいないユナイテッドも注目して見ていきたいと思います。